第一章 名称及び事務局

第1条 本協会は、尼崎市テニス協会と称し、事務局を阪神テニスショップに置くものとする。

第二章 所属加盟 

第2条本協会は、尼崎市体育協会に所属加盟する。

第三章 目的及び事業 

第3条 本協会は、会員各自の体位の向上と、会員相互の親睦と共にスポーツ精神の昂揚を図ることを目的とする。 

第4条 本協会は、前項の目的に沿う全ての事業を行う。

第四章 会員の資格入会・退会・除名 

第5条 本協会の会員は、尼崎市に在住、在勤又は、市内のクラブに所属する者とする。 

第6条 

 1.本協会に加盟せんとする団体、クラブは、規約並びに諸規定を了承の上、所定の申込書を提出し、理事会の承認を得なければならない。 

 2.本協会に加盟承認を得た団体、クラブは、規約並びに規定を厳守しなければならない。 

第7条 

 1.本協会を退会せんとするときは、その旨を書面を以って理事会に届出なければならない。 

 2.本協会を無届退会をした場合は、該当年度の会費を納入しなければならない。 

第8条 会員にして、本協会の目的を阻害し、又は本協会の体面、名誉を毀損したる者は、理事会の決議により之を除名することができる。

第五章 会員の義務 

第9条 会員は、礼儀を重んじ、コートマナーに徹すると共に、役員の指示に従い、並びに会員相互の親睦に努めなければならない。

第六章 会費 

第10条 本協会の会費は、次の通りとする。

 1.団体6名以上   A加盟 10,000円   B加盟 7,000円 

 2.団体5名以下   A加盟  7,000円   B加盟 3,000円 

  (注)A加盟とは、上部テニス協会主催の大会にも参加有資格。
     B加盟とは、本協会主催の大会に参加有資格。 

第11条 既に払い込んだ会費は、その事由の如何を問わず返却しない。

第七章 役員 

第12条 本協会に次の役員を置く。

   会長   1名
   副会長  1名
   理事長  1名
   副理事長 2名
   理事   5名以上
   監事   2名
   顧問   若干名

第13条 会長、副会長は、加盟団体の代表者の推薦によって選出する。 

第14条 理事長は、会長が委嘱する。 

第15条 副理事長、理事は、理事長が委嘱する。 

第16条 監事は、加盟団体の代表者の推薦によって選出する。 

第17条 役員の任期は2ヶ年とし、再選を妨げない。任期満了後といえども、後任者の確定するまでは前任者がその職務を行う。 

第18条 会長は本協会を代表し、会務を統轄する。 

第19条 理事長は会長を補佐し、会長に事故あるときは代わってその職務を行う。 

第20条 理事は理事会を組織し、本協会運営の大綱、その他会全般の諸事項を決定し、実施する。 

第21条 監事は会計、及び会務執行の状況を監査する。

第八章 会議 

第22条 理事会は、必要に応じ会長又は、理事長が招集して開催する。 

第23条 理事会は、役員の過半数の出席により成立し、議事は出席者の過半数を以って之を決め、可否同数の時は会長又は、理事長が決定する。 

第24条 本規約の変更は、総会の承認を経なければ変更できない。 

第25条 総会は、加盟団体の代表者、及び役員によって構成し、毎年、年度末に会長が之を招集し、次の事項を議決する。 

 1.会務の報告、並びに事業報告及び計画。 

 2.会計報告、及び予算の編成。 

 3.役員の改選。 

 4.その他、重要事項を審議決定する。 

第26条 総会の成立は、加盟団体の過半数を以って成立する。 

 1.総会の議決は、出席者(委任を含む)の過半数を以って成立する。 

 2.同数の場合は、議長の決裁とする。 

第27条 臨時総会の必要のあるときは、会長が之を招集することができる。 

第28条 本協会の運営経費は、会費、大会参加費、補助金等を以って充当する。 

第29条 会計事務は理事が行い、収支決算書を作成し、監事が之を監査し、毎年、年度末総会において報告する。 

第30条 本協会の年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

附則 

第31条本規約は、昭和56年4月1日より施行する。 

第32条本協会の運用規定は、別に定める。この規定の制定変更は、理事会において行う。

改訂

平成9年4月20日第6条1項及び第7条1項役員会を理事会に訂正。

         第10条1項団体5名以上を6名以上に訂正。

         第12条副会長及び副理事長を追加。

         第13条副会長を追加。

         第15条副理事長を追加。

テニス協会運用規定